育毛 生活改善

正しい生活改善について

育毛のための生活改善を正しく理解して効果的な育毛剤生活!

 育毛のための生活改善Top
育毛のための生活改善

育毛のためには、発毛促進と抜け毛予防が大きなカギ!

抜け毛は、生活習慣の乱れが原因となる場合も多くあります。
例えば、睡眠・食生活・ストレス・運動・喫煙・飲酒など。
抜け毛予防のために生活習慣を見直してみましょう!
生活を少し変えるれば、抜け毛予防になります。

その上で自分に合った育毛剤を使うことで最適な育毛生活を送ることができるでしょう!


生活習慣の乱れは抜け毛を増やす
抜け毛の原因の一つが生活習慣の乱れ。

例えば、
■好きな物だけを食べている人。脂っこい食べ物ばかり好んで食べる人は抜け毛が増やす。
■睡眠も髪にとっては重要なこと。
睡眠不足や不規則な睡眠は、抜け毛を増やす。
■過度なストレス・継続的なストレスは、劇的に抜け毛を増加させる。
■たばことアルコール類の過剰摂取も髪に悪影響を及ぼす。
■運動不足は抜け毛の元。
など。

一体なぜこれらの生活習慣が抜け毛をもたらすのでしょうか?
当サイトではこれらの悪い生活習慣が抜け毛を増やす理由や抜け毛を減らす改善策を解説しています。


男性型脱毛症の抜け毛の原因
男性ホルモン
男性型脱毛症で、抜け毛の原因は男性ホルモンの働きによるもの。
男性ホルモンの一種である「テストステロン 」が「5−αリダクターゼ 」と呼ばれる酵素により、
「ジヒドロテストステロン(DHT) 」に変換されると、
このDHTが抜け毛や薄毛の原因物質になってしまうのです。

ハゲる人とハゲない人の違いは、ホルモンのバランス。
男性・女性両ホルモンの分泌バランスが良好な人は、ハゲないと言えます。
逆に男性ホルモンの過剰な分泌でホルモンバランスを崩し、
髪の成長を妨げてしまう人は、ハゲる人です。

男性型脱毛症の特徴として、生え際が後退したり、頭頂部から薄くなる傾向がありますが、
これは、前頭部や頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすい部分であることが分かります。

遺伝的な要素
男性型脱毛症が遺伝する要素は2つ。
ひとつは男性ホルモンをより強力な男性ホルモンに変換する「5α-リダクターゼ」という還元酵素。
もうひとつは、「感受性」、この強力な男性ホルモンに敏感かどうかという性質の遺伝。

この男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に「変身する力」と「反応する力」が加わるとハゲてしまうということ。

「母方の祖父がハゲていたら孫もハゲる」というのは、「感受性」の遺伝によるもの。
ハゲが遺伝するかどうかはこの「感受性」と「5α-リダクターゼ」の酵素活性のバランスによって決まります。

生活習慣
抜け毛・薄毛の大きな原因の1つが頭皮の血行不良。
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、喫煙、過度の飲酒、運動不足などの悪い生活習慣は、
血行不良を起こしやすくします。

頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛につながります。


男性型脱毛症を改善するためにできること
ホルモンのバランスが崩れることで起こる抜け毛の改善は、育毛剤を使うのがベストの方法でしょう。
血行不良により起こる抜け毛も育毛剤で改善が期待できます。
育毛剤比較ランキングを参考に効果の高い育毛剤を見つけましょう!

ただ、生活習慣が悪いと育毛剤の効果も半減してしまいます。
抜け毛や薄毛の原因は人によって様々ですが、多くの場合に食習慣や運動、ストレスなどの生活習慣が深く関わっています。

生活改善は育毛的にすぐ効果が現れることではありませんが、
育毛を成功させるためには、健康的な生活が欠かせません。
育毛剤を使わず毛髪を増やす秘訣
「ハゲを治す」ためには、できることは徹底して行うことが大切。
地道に継続しましょう!


メニュー
育毛と睡眠
育毛と食生活
育毛とストレス
育毛と運動
育毛と喫煙
育毛と飲酒
育毛とマッサージ
育毛と帽子
育毛と乾燥
育毛と肥満
育毛のためのシャンプーの選び方
育毛とシャンプー方法
育毛とドライヤーの使い方
青汁の育毛効果
ごまの育毛効果
カプサイシンの育毛効果
イソフラボンの育毛効果
玄米の育毛効果
生活改善で育毛体験




Copyright (C) 育毛のための生活改善 All Rights Reserved