育毛 青汁

育毛と青汁の関係について

育毛と青汁の関係を正しく理解して効果的な育毛剤生活!

 育毛のための生活改善Top > 育毛と青汁
青汁の育毛効果

青汁にはさまざまな健康効果がありますが、育毛にも良いのです。
青汁が育毛にどう影響するのでしょう?

青汁はケール・大麦若葉・ゴーヤー・明日葉などの粉末で、栄養の宝庫と呼ばれている。
野菜や果物を必要量食べ切れていない人にとっては、重宝な飲み物。


青汁の育毛効果
育毛剤と同時に青汁を飲むことで、育毛剤の効果を高めることができ、抜け毛を予防、
発毛が促進されるとされています。


育毛には頭皮の血行と栄養が大切。
育毛の促進には血流を改善させる必要があります。

血液がドロドロ状態だと血液の流れは悪くなり、必要な栄養は、毛根に十分に届きにくくなります。
栄養が届かなければ、健康な髪の毛を生成することができなくなり、
薄毛、抜け毛の原因となります。
どんなに良い育毛薬を使用しても、毛根まで届かなければ意味がありません。


青汁にはさまざまなビタミン・ミネラルが含まれ、血液をサラサラにする効果があり、
その結果、毛細血管にも血液が通い、育毛に必要な栄養素が毛根まで届くのです。

青汁は、育毛のみならず、さまざまな健康効果が期待できるでしょう!


青汁の健康効果
青汁の成分や健康への効果はどうでしょう?

青汁には、たんぱく質、脂質、糖質、リン、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンC、葉緑素、食物繊維などの栄養成分が非常に豊富に含まれています。

主な効果として期待できるのが、生活習慣病の予防、便秘改善、ダイエット、美肌効果、ストレス軽減、育毛、免疫力の強化、コレステロールを下げる、貧血予防、冷え性改善、抗ガン作用、老化防止など。

■美肌作り
美白に効果があるとされるビタミンCも青汁には豊富に含まれています。
ビタミンCは、コラーゲンを生成してお肌にハリを持たせる働きがある。
ビタミンEは、血行を促進、新陳代謝をアップさせたり、
抗酸化作用が高いので老廃物を排出させる効果がある。
ビタミンAはお肌の潤いを保ち、お肌を丈夫にする効果がある。
ビタミンB郡は肌トラブルを予防する効果が期待できる。

■便秘解消
青汁に含まれる食物繊維が腸に働き、腸壁を刺激して腸の動きを活性化させる。
整腸作用が正常化、便秘が解消されやすくなる。


■成人病予防
青汁に豊富に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維などが、コレステロールを下げる働きをする。
また青汁には、抗酸化成分も豊富なので、動脈硬化の原因ともなるドロドロ血液をサラサラに変え、
さらに血管自体を頑丈にしてくれる効果も期待できる。
結果、糖尿病、高脂血症、虚血性心疾患なども起こりにくくなるのです。


○ストレス解消
ストレス症状を改善するのに有効な栄養素は、ビタミンB群といわれている。

体内では、「抗ストレスホルモン」というホルモンを作り、ストレスに対抗しようとする自然治癒力が働く。
ビタミンB群は、このホルモンの合成を助ける働きを持つ大切な栄養素。
また、このビタミンB群は神経機能を正常に保つのに役立ち、ストレスによるイライラや疲労感を取り除く働きがある。


ビタミンA
肌荒れや目の疲労に効く
ビタミンC
美肌作り、免疫力の強化、抗ガン作用
カルシウム
血圧やコレステロールを下げる
カリウム
不足すると脱力感や不整脈を起こす
マグネシウム
心臓病、高血圧の予防、コレステロールを下げる、イライラ予防

貧血を予防、冷え性改善
食物繊維
コレステロールの上昇を制御
葉緑素
コレステロール低下、血液サラサラ
抗酸化物質
活性酸素を抑制、ガンなどの予防、老化防止


メニュー
育毛と睡眠
育毛と食生活
育毛とストレス
育毛と運動
育毛と喫煙
育毛と飲酒
育毛とマッサージ
育毛と帽子
育毛と乾燥
育毛と肥満
育毛のためのシャンプーの選び方
育毛とシャンプー方法
育毛とドライヤーの使い方
青汁の育毛効果
ごまの育毛効果
カプサイシンの育毛効果
イソフラボンの育毛効果
玄米の育毛効果
生活改善で育毛体験




Copyright (C) 育毛のための生活改善 All Rights Reserved