育毛 乾燥

育毛と乾燥の関係について

育毛と乾燥の関係を正しく理解して効果的な育毛剤生活!

 育毛のための生活改善Top > 育毛と乾燥
育毛と乾燥の関係

乾燥が育毛に悪影響を及ぼすのは、なんとなく想像が付きます。

特に空気が乾燥する冬には、頭がかゆくなったりフケがよく出たりすることがあるのでは!?
頭皮も皮膚の一部。
頭皮ケアの基本的な考え方は肌の手入れと同じなのです。


乾燥は薄毛の原因
乾燥すると髪はとても傷みやすくなり、柔軟性がなくなり、
パサツキ、切れ毛、枝毛の原因になり、髪の毛自体が痛みやすくなっています。
さらに乾燥による静電気でブラッシングすると髪の毛や毛根を痛め抜け毛を増やす原因にもなります。


皮脂っぽい人は薄毛になりやすいですが、乾燥肌の人も薄毛になりやすいのです。
皮脂に含まれる脂肪酸という成分は、細菌の感染を予防してくれる働きがあります。

逆に乾燥肌の頭皮は細菌から守られていない状態となっています。
乾燥した細菌を多くいる頭皮は、当然毛髪が育ちにくい環境になってしまいます。

また、頭皮が乾燥すると髪を育てる細胞の働きが衰えたり、
角質層が荒れて育毛剤が浸透しにくくなるなど育毛に悪い影響を及ぼすのです。

さらに頭皮の血行不良は、乾燥を加速させる大きな原因となりますし、
乾燥肌の人はシャンプーをしすぎると乾燥がさらに進み、頭皮がよりダメージを受けやすくなります。


頭皮の乾燥対策
乾燥から頭皮を守るには、まずは保湿が第一です。

育毛剤やシャンプーやヘアコンディショナーなどのヘアケア用品は保湿効果の高いものを
選びましょう。
育毛剤は毛根に栄養を与えることに加え、頭皮にもうるおいを与える役割を果たします。


シャンプー
乾燥肌タイプの人はシャンプーで過度な洗髪をしていることあります。
市販の高級アルコール系シャンプーは、界面活性剤が含まれ最も流通しています。
泡立ちがよく洗浄力は高いですが、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
特に肌が弱い人は注意が必要です。

おススメはアミノ酸系ノンシリコンシャンプー
シリコンは、ヘアケア商品に広く使われていて、キューティクルに付着しコーティングする作用があり、
手触りを良くし、艶を出すなどの効果があります。
ただシリコンは、髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。
そのためシリコンを使ったヘアケアを続けていると髪の傷みを進行させてしまう危険性があります。
このシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの大きな特徴は、汚れだけを落とし、頭皮を守る皮脂は落とさないこと。
アミノ酸系シャンプーは選択制洗浄能力があるので、汚れだけを洗い流してくれるのです。
しかも、使い心地もよく、髪がきしんだりごわついたりすることもありません。

おススメのアミノ酸系ノンシリコンシャンプーは、育毛シャンプーランキングにあるような
プレミアムブラックシャンプー・ウーマシャンプー・BUBKAシャンプーなど。


育毛剤
乾燥肌の人は比較的外部の刺激には敏感です。
育毛剤を使うことで場合によっては、育毛剤自体の刺激に耐えられなこともあります。
育毛剤を使う場合には、頭皮を保湿させてから育毛剤を使用すると良いでしょう。
頭皮の保湿には頭皮用ローションなどがあります。


血行不良
頭皮の血行不良は、乾燥を加速させる大きな原因となります。
頭皮の血行を促進するひとつの方法がマッサージ

頭皮をやわらかくし育毛を促進するマッサージと蒸しタオルによる頭皮パックもおススメです。
蒸しタオルパックは、シャンプー前に行うと効果的。
毛穴が開いて汚れも取れやすくなります。
また、育毛剤を使う前に行うことで栄養が浸透しやすくなります。




メニュー
育毛と睡眠
育毛と食生活
育毛とストレス
育毛と運動
育毛と喫煙
育毛と飲酒
育毛とマッサージ
育毛と帽子
育毛と乾燥
育毛と肥満
育毛のためのシャンプーの選び方
育毛とシャンプー方法
育毛とドライヤーの使い方
青汁の育毛効果
ごまの育毛効果
カプサイシンの育毛効果
イソフラボンの育毛効果
玄米の育毛効果
生活改善で育毛体験




Copyright (C) 育毛のための生活改善 All Rights Reserved