育毛 肥満

育毛と肥満の関係について

育毛と肥満の関係を正しく理解して効果的な育毛剤生活!

 育毛のための生活改善Top > 育毛と肥満
育毛と肥満の関係

太っている人はいつも汗をかいていて薄毛の人が多いというイメージがあります。
きっと肥満は育毛に悪影響を及ぼすのだろうとなんとなく想像できます。

育毛の観点からは、肥満体型になる生活習慣が薄毛を増長させているのです。


肥満は薄毛の原因に
肥満と薄毛はどう関連するのでしょうか?

皮脂
肥満の特徴は脂肪が多いこと。
脂肪が多いと皮脂腺から分泌される皮脂の量も多くなります。
頭に皮脂が多いと毛穴も詰まりやすくなり、毛根が酸欠状態になり髪の成長を阻害します。
また育毛剤も浸透しずらくなります。

さらに皮脂が多いと頭皮に炎症を起こしやすくなります。
脂漏性皮膚炎なり、ひどい抜け毛に悩まされることもあります。

血行不良
脂肪が多いと血管が圧迫され、コレステロール値が高くなると血液がドロドロになり、
血液の循環が悪くなります。

血行が悪いと栄養が毛髪に行かず、髪が成長せず、抜け毛をもたらします。
髪の毛は一番最後に余った血液で作られるため、
肥満による血行不良は髪にとっては致命的といえます。

多量の汗
肥満の人は、皮下脂肪が多いので体温が上がりやすくなり、汗を多くかきます。
当然、頭皮も汗をかきやすく、ベタベタした状態が続くと汚れが溜まり、
雑菌や皮膚ダニが増えやすくなります。

肥満⇒皮下脂肪⇒体温上昇⇒汗⇒頭皮汚れ⇒雑菌⇒ハゲ
頭皮の環境が悪くなり、抜け毛を増やします。
脂漏性湿疹を引き起こすこともあり、脱毛を促します。

いびき
睡眠が深いと成長ホルモンが活発に分泌され、髪がより成長します。

いびきをかく人は睡眠が浅くなりがちで成長ホルモンがあまり分泌されず、
髪の成長にも支障が出ます。

肥満の人は、脂肪で喉が狭くなり、いびきをかく確率が高くなります。
よって
肥満⇒脂肪⇒いびき⇒浅い睡眠⇒成長ホルモン減⇒ハゲ
となります。

また肥満は睡眠時無呼吸症候群になりやすく、睡眠が浅くなります。


肥満の人の薄毛対策
肥満は様々な病気を引き起こす原因になります。

ダイエット
まずは肥満を解消するよう努力しましょう。
ダイエット方法はいろいろありますが、健康的な自分に合った方法を見つけましょう。
おススメは、運動と食生活の改善。

極端に食事を減らすような過激なダイエットは、髪にとっても栄養不足となり、
かえって抜け毛の原因になってしまいますので注意しましょう。

シャンプー
皮脂の多い人は最適なシャンプーで頭皮環境を整えましょう。

最も流通している高級アルコール系シャンプーは、界面活性剤が含まれ、
泡立ちがよく洗浄力は高いですが、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーが良いと思います。
髪を傷める危険性があるシリコンが含有されていなく、最適な洗浄力をもたらすアミノ酸系。
余分な皮脂や汚れは落とし、頭皮を守る皮脂は残します。
選択制洗浄能力があるのでおススメです。

血行改善
頭皮の血行を促進するひとつの方法が頭皮のマッサージ
頭皮をやわらかくし育毛を促進するマッサージはおススメです。

シャンプー前に蒸しタオルで頭皮をパックするのも効果的。
毛穴が開いて汚れも取れやすくなります。



メニュー
育毛と睡眠
育毛と食生活
育毛とストレス
育毛と運動
育毛と喫煙
育毛と飲酒
育毛とマッサージ
育毛と帽子
育毛と乾燥
育毛と肥満
育毛のためのシャンプーの選び方
育毛とシャンプー方法
育毛とドライヤーの使い方
青汁の育毛効果
ごまの育毛効果
カプサイシンの育毛効果
イソフラボンの育毛効果
玄米の育毛効果
生活改善で育毛体験




Copyright (C) 育毛のための生活改善 All Rights Reserved