工場見学の用語集

 
スポンサーリンク

工場見学の用語集

MIG(ミグ)溶接とは

ミグ溶接とは、不活性ガス(化学反応を起こさないガス)を溶接する部分に吹き付けて溶接を行う溶接方法のこと。アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。ミグ溶接は、アーク溶接に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種。シールドガスとして不活性ガスを用い、電極には溶接ワイヤ(溶接に使用されるコイ...

≫続きを読む

スタッド溶接とは

スタッドをはさんで、電流を流してボルトと平板の間に火花を発生させ、ボルトと平板がほどよくとけた状態にしてから、圧力を加えて溶接する方法。専用ガンと専用溶接機によって、短時間で自動的に溶接が行われる溶接方法です。スタッド溶接は、溶接棒や溶接ワイヤーを使わず、スタッドそのものが溶接材となります。スタッド...

≫続きを読む

レーザー溶接とは

ボルトをチャックではさんで、電流を流してボルトと平板の間に火花を発生させ、ボルトと平板がほどよくとけた状態にしてから、圧力を加えて溶接する方法。レーザーを利用した加工には、除去加工(マーキング、切断、穴開け、トリミング、スクライビングなど)、接合加工(溶接、ろう接、樹脂接合)、表面改質加工(焼き入れ...

≫続きを読む

溶接ロボットとは

溶接ロボットとは溶接を行う産業用ロボット。溶接ロボットに、溶接工程での動き方を正しくに記憶させるティーチングが行われ、ロボットはこのティーチングプログラムどおりに動きます。主にスポット溶接を行うものやアーク溶接を行うものがあります。他にレーザー溶接やガス溶接を行うものもあります。溶接ロボットは自動車...

≫続きを読む

溶接ガンとは

溶接ガンとは、『スポット溶接機』のひとつ。溶接トーチとも呼ばれます。溶接ガンはスタッドの材質・溶接方式などによって分けられます。自動車の車体やスチール製家具を溶接する際などにも用いられ、可搬式点溶接用ガンは、その用途に応じて設計製造されるものもあります。自動車産業の発展とともに、車体溶接についても、...

≫続きを読む

プラスチック成形機とは

プラスチック材料を加熱可塑化し,金型に圧入したりして成形品を得ることを目的とする機械。圧縮成形機,トランスファー成形機,押出成形機,射出成形機,カレンダー加工機,吹込成形機,インフレーション加工機など種類もさまざま。自動車工場でプラスチック成形機は、バンパーの成形に使われています。プラスチックの材料...

≫続きを読む

電着塗装とは

金属製の物体に塗装する方法の一つ。比較的低い濃度の水性塗料を入れた浴槽に塗装したい物体を浸し、直流電圧を流して電流を通じ、物体に均一な皮膜を電気的に析出させ、塗装します。例えば、自動車の場合、電着塗料を入れた槽にクルマの車体ごとつけ、つねに一定方向に流れる電流を流すことによって、塗料を車体に引きつけ...

≫続きを読む

鋳造とは

溶かした鉄やアルミニウム合金などの金属を金型に流しこみ、冷やして固めるて製品を製造する加工方法のこと。例えば鉄や銅、アルミニウムなどを融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷えて固まると製品の形状になります。鋳造に用いる型のことを鋳型、出来上がった製品の事を鋳物と呼びます。

≫続きを読む

テストベンチとは

テストベンチは、設計通りに作動するかどうかを検証するための仮想的な環境。主に電子回路の動作を検証するための環境であることが多い。テストベンチは、検査する電子回路の構造に合わせて設計される。設計時に計算した期待値とテストベンチで出力された値を比較することで、性能を評価する。検査する電子回路に合わせてテ...

≫続きを読む

オートマチックトランスミッションとは

オートマチックトランスミッションは、自動車やオートバイの速度やエンジンの回転数に応じて、変速比を自動的に切り替える変速機の総称こと。AutomaticTransmission:AT、自動変速機利点は、シフトチェンジを自動で行ってくれる便利さ。現在の乗用車のほとんどがこのトランスミッションを採用してい...

≫続きを読む

ゼロエミッションとは

生産などで発生する破棄物をゼロにすることを目的とする運動。自然界に対して排出ゼロにしようとするシステム。産業により排出されるさまざまな廃棄物・副産物を他の産業の資源などに再活用することで、全体として廃棄物をゼロにしようとする考え方。本来のゼロエミッションは社会全体での取り組みを示すもの。日本でもダイ...

≫続きを読む

グリーン調達とは

グリーン調達とは、製品を製造するために必要な原材料や部品、設備などを調達する時、環境負荷の少ないものから優先的に選択する取り組み。グリーン調達には、企業が独自にグリーン調達基準・ガイドラインを設け、供給側との協力体制が不可欠になっている。ISO14001やKFE認証を取得している企業から優先して調達...

≫続きを読む

スポンサーリンク