背中のシミの原因と治療

 
Sponsored Links

背中のシミの原因と治療

背中のシミの原因

背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

 

背中にできるシミのは、ほとんどが光線性花弁状色素班で、別名「海水浴後色素斑」と言い、海水浴などに行って、強い日差しにより日焼けをしてしまったことが原因です。

 

 

毎年、海やプールに行って肌を焼いている人は、時々は背中にシミができていないかチェックしましょう。
背中にシミできても焼き続けていると、年々シミが増え、頑固なシミになって、スキンケアだけでは治せなくなってしまうこともあります。

 

 

背中のシミの治療

背中にできたシミがは、顔のシミと同じように、スキンケアをしていれば、薄くなってきて、無くなることもあります。

 

ひどいシミの場合は、専門の医師に診てもらって、適切な治療をうけましょう。顔と同じように、ケミカルピーリングやレーザー治療が行われます。

 

特に海水浴に出かけたり、炎天下でスポーツなどをする時は、PAとSPEの数値が高い日焼け止めクリームを使用して、紫外線対策をするようにしましょう。

Sponsored Links