シミ対策のクリーム

 
Sponsored Links

シミ対策のクリームを徹底解明

主なシミ対策のクリーム

ケシミン(小林製薬)

ビタミンC誘導体が肌の奥にまで浸透しシミの原因になっているメラニン色素を抑えてくれる効果があります。

 

NANOCREAM/ナノクリーム

ナノクリームに含まれている「ハイドロキノン」は、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分で、「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用を持っています。
美白化粧品などに配合されているアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などの成分の約100倍の美白効果があるといわれています。
ハイドロキノン成分が配合されている化粧品が「シミ取り」として注目されています。

 

クイノール

ハイドロキノン配合!噂のクリーム!多くの人から高評価を受けている逸品です。一般的な化粧品では太刀打ちできなかったシミでも、ビックリするくらい綺麗になります。
ネットでも、クイノールを使用した人の喜びの声をさまざまなところで見かけます。シミ取りクリームの売り上げランキングでも、絶えず上位に名前が挙がっています。

 

Camyフェイスクリーム

ハイドロキノンが一般に使われてきた欧州や米国では現在しみ取り・美白と言えばハイドロキノンが主流であり業界では『お肌の漂白剤』とまでいわれている成分です。

 

クレ・ド・ポーボーテラ・クレーム(資生堂)

美白有効成分アルブチンなどを配合した極上のクリーム。顔しみやシワ、たるみなどに働きかけてくれます。

 

SK-IIホワイトニングソーススキンブライトナー(マックスファクター)

「MTブロッカー」と「DNAビタミンカプセル」がメラニンの生成にアプローチします。美白美容乳液として高い人気があります。

 

アクアピールジェル

美容成分で肌を守りながら古い角質を優しくオフする、まったく新しいタイプのピーリングジェルです。

 

ビーグレン美白プレミアムセット

含有のハイドロキノンは、配合の濃度を上げることで肌への刺激も強くなりますが、ビーグレンの美白クリームは、浸透カプセル技術により刺激が半減します。
どんなに効果のある有効成分でも肌に浸透させる事が出来なければ効果も期待できません。ビーグレンは、浸透技術(国際特許)を製品に採用しているから効果を体感出来きます。トライアルセットもあり。

 

白雪美麗

ハイドロキノンは肌が荒れるなどの副作用の危険性がありますが、「白雪美麗」は副作用をなくした究極の成分「αアルブチン」を使用。美しく透明感のある肌を手に入れることができます。

 

 

シミ予防に肌にやさしいサンケアを

普通のファンデーション

最大のメリットは、安全性の高さ。化学的な方法でなく、物理的に紫外線をはね返すのですから、肌にはもっとも安心。ただ、強い紫外線を長時間カットすつためにはかなり厚塗りをしなければならないこと。
春先の日射しの強い季節になったら密着力が高くて、汗や皮脂に強い両用タイプのパウダーファンデーションやウォータープルーフタイプに切り替えるのもよいでしょう。

 

スポーツ、レジャー用の日焼け止め

紫外線吸収剤をたくさんいれた製品。透明タイプと肌色でパウダーを多量に含みしっかりと肌を覆うファンデーションタイプの2種類あります。
紫外線吸収剤だけで100%紫外線を防げるわけではありません。透明タイプの日焼け止めは、上にファンデーションを重ねるほうが効果的です。ファンデーションタイプのものは二重のガードができるので、サンカットの効果は確実。

 

 

サンケア指数SPFは15で十分

日焼け止めのパッケージに書いてある数字にSPFがあります。日焼け止めを実際に皮膚に塗って紫外線を当て、素肌のときに比べ、日焼けが始まるまでどのくらいの時間が引き延ばせるかを測って割り出した数字です。
普通、素肌だと約20分で肌が赤くなるのですが、その製品を塗って200分までは赤くならないとすると、SPFは10。素肌のときにくらべ10倍も日焼けしにくいわけです。同様にSPF15は300分、つまり、5時間有効ということです。通常、SPF15なら十分でしょう。
紫外線を吸収する効き目は時間がたつと弱くなりますので、少なくとも3〜4時間ごとにつけ直しが必要です。

Sponsored Links