美容整形で行うシミ除去

 
Sponsored Links

美容整形で行うシミ除去

老人性色素斑も炎症跡色素沈着も、完治させるのは大変です。どのようなケアが適切かを判断するためにも、医師にアドバイスを求めてみましょう。

 

美容整形で行うシミ除去の種類

レーザー治療

半導体レーザーなどによる弱いレーザー光線で、新陳代謝を高め、脱色素軟膏を塗ることで、かなり効果を上げることができます。
特に薄いシミの場合、1ヶ月以内できれいにとることもできます。しかし、シミが大きく、濃い場合はその程度に応じて時間がかかります。

 

ケミカルピーリング

古い角質を剥離する事で、シミの原因である角質に沈着したメラニンを取り除くことです。
シミで行うケミカルピーリングは、角質層のみの浅いピーリングを行うため、AHA(グリコール酸)が多く用いられています。シミのタイプや症状によって適切に治療が行われます。
このグリコール酸をシミのある皮膚に塗布し、その後、角質や表皮を剥がします。

 

フォトRF

光エネルギーと高周波エネルギーを掛け合わせた相乗効果の期待できる最新の美肌治療機器。肌の深層に働きかけるため、表層部のダメージがなく、痛みもありません。コラーゲンの生成を活性化させることでふっくらした弾力のある肌を生み出し、しみやくすみ、しわ・たるみ、毛穴の開き、肌色のムラ、さらには細い毛の脱毛、にきびやにきび痕などなど、さまざまな症状を改善します。

 

フォトフェイシャル

しみ、小じわ、そばかす、くすみ、毛穴の開きのほか、にきび痕といったあらゆる肌の悩みに応える美容先進国アメリカはカリフォルニアで生まれた医療機器。肌荒れに有効な光を照射することで、沈着した色素やメラニンを破壊し、コラーゲンの合成を活性化させて肌本来の美しさを内側から蘇らせます。

 

トレチノイン・ハイドロキノン

スキンケア感覚の塗り薬で、劇的美白。肝斑にも効果てきめん。美白効果の高いトレチノインとハイドロキノンが、確実に色素を薄くし、約2ヶ月で透明感のある肌を実感できます。

 

イオン導入

ビタミンC・ビタミンA・トラネキサム酸など有効成分を豊富に配合したトリートメント剤を肌に塗って、微弱な電流や超音波を流し、お肌の深部に浸透させる方法です。
肌表面にあるバリア機能を通り抜けて有効成分を肌の奥に届け、シミ、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡などの肌トラブルを改善します。

 

グロースファクター

人の体内で作られるたんぱく質の一種で、細胞の分裂・増殖をコントロールしています。コラーゲンやエラスチンの生成を促し、しみ・しわに効果的な治療です。

 

プラセンタ注射

プラセンタに含まれる成分の働きは、細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高め、皮膚の血行をよくし、肌にはりやツヤを出してくれる効果があります。しみが薄くなりしわも目立たなくなり、さらに美白効果もあるとされています。

 

ビタミン点滴

直接体内に点滴によってビタミンを流すことにより、より効果的に栄養が補充、美白、美肌、疲労回復などに効果を発揮します。

 

アキュチップ

顔や手、背中などの気になるシミをピンポイントに光を照射、シミを浮き立たせ、その後剥がれ落ちます。

Sponsored Links