アクネ菌とは

 
Sponsored Links

アクネ菌とは!? | シミ関連用語

アクネ菌とは、ブドウ球菌と同じように一番多く皮膚に存在する菌。
アクネ菌は、皮膚にいつもいる菌で、皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となります。

 

アクネ菌は特に皮脂を好み、毛穴の中で皮脂を分解して脂肪酸を作る働きがあるため、
アクネ菌により発生した脂肪酸は紫外線や酸素などで酸化します。
これが黒ニキビとなります。

 

また、脂肪酸のかたまりが毛穴に詰まり、除去できないと、化膿し、腫れることがあります。
これがが赤ニキビとなります。

 

 

 

ニキビを予防するにあたってはこのアクネ菌を除去する必要があり、正しい洗顔方法による洗顔が重要である。
近年は特にアクネ菌に対して強い効果を発揮する洗顔クリームなどが美容各メーカーから販売されている。

 

 

アクネ菌の対処法

アクネ菌は、酸素を嫌い、皮脂を栄養に増殖するという性質があるので、
酸素が少なく、皮脂がたくさんある皮脂腺がアクネ菌の住みやすい場所となります。

 

そこで肌を清潔に保つことが大切になります。
ただ肌を清潔するためにといって、洗顔のやりすぎは皮膚の乾燥などのダメージにつながることもあります。

 

そこで皮膚へのダメージを少なくし、アクネ菌を抑えるには、正しい洗顔を心がけるのが一番の対処法になります。
正しい洗顔は、ごしごしこすることではなく、優しく洗うことです。
また洗顔の数を増やすと逆に肌にダメージを与えてしまう結果になることがありますので、
洗顔は1日2〜3回が望ましいといわれています。

 

ただアクネ菌は、皮膚の酸性度を調整し、弱酸性に保ち、他の病原菌の進入や繁殖をおさえる働きもあります。
アクネ菌は、にきび(ニキビ)の原因にはなりますが、皮膚にとっては、ある程度なくてはならない存在です。

Sponsored Links

 

関連ページ

αカロテンとは
αカロテンはにんじんなどに含まれるカロテノイドの一種で、βカロテンの10倍もの高い抗酸化作用があります。
αリノレン酸とは
αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換する効果を持つ脂肪酸。
γリノレン酸とは
γリノレン酸は、体内でリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名ビタミンFのこと。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは、高い抗酸化力があるカロチノイドの一種。
アスパラギン酸とは
アスパラギン酸は、エネルギー源として最も利用され易い体内で合成できる非必須アミノ酸のひとつ。
アポクリン腺とは
アポクリン腺とは、汗を分泌する汗腺のひとつで、わきがの原因となる汗を出す腺。
アラキドン酸とは
アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸のひとつ。
アリシンとは
別名で硫化アリルとも呼ばれ、たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭や辛味成分。
アルギニンとは
アルギニンは天然に存在する必須アミノ酸のひとつ。
アルギン酸とは
アルギン酸は、海藻多糖類の一種で昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれるぬめり成分のこと。
アントシアニンとは
アントシアニンは、水溶性の抗酸化ポリフェノールの一種で目の健康に重要な物質。
亜鉛とは
亜鉛は、体の組成に欠かせない重要な必須ミネラル分。
EPAとは
人間の体に必要不可欠な「必須脂肪酸」のひとつ。
イオウとは
イオウは、髪の毛や爪、皮膚、軟骨などの組織構成の上で欠かせないミネラル分のひとつ。
イソフラボンとは
イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
イソマルトオリゴ糖とは
イソマルトオリゴ糖は、みそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖の一種。
イソロイシンとは
必須アミノ酸の一つで体の成長促進や神経の働きに関わっています。