アスパラギン酸とは

 
Sponsored Links

アスパラギン酸とは | シミ関連用語

アスパラギン酸とは、その名前の通りアスパラガスなどに多く含まれ、
体内で合成できる非必須アミノ酸で、エネルギー源として最も利用され易いアミノ酸の一つ。
アスパラギン酸は、アスパラガスから見つかったアミノ酸で、味はわずかに甘いのが特徴です。
体内で他の栄養素からも作ることができます。

 

 

アスパラギン酸の働き

その働きのなかで注目されるひとつが、体のスタミナをつけ、疲労に対する抵抗力を高める作用。
スタミナドリンクの有効成分として用いられ、
スポーツ選手がアスパラギン酸を摂取するとスタミナが増すことが分かっています。
アスパラギン酸には、エネルギーや窒素の代謝を高める
マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルをスムーズに全身へ運ぶ作用があります。
この作用によって、素早い疲労回復をうながし、体の活力を増す効果を発揮するのです。
アスパラギン酸が不足すると、疲労しやすく様々な外的刺激に対する抵抗力が弱まってしまいます。

 

さらに、タンパク質の合成に使われるほか、尿の合成を促進する作用があります。
尿として排泄されるアンモニアは、体内で循環系に入ると毒性を発揮しますが、
アスパラギン酸はこのアンモニアを体外に排除し、中枢神経系を守るのを助けます。

 

 

アスパラギン酸を含む食品

アスパラギン酸を含む食品は、アスパラガスばかりではありません。
豆類、特にモヤシのように発芽しはじめたものをはじめとして、
サトウキビ、ナッツ類やモモ、ナシなどの果実類、
牛肉、豚肉、鶏肉などにも多く含まれています。

 

肉とアスパラガス、もしくはモヤシの炒めものなどは、
アスパラギン酸の摂取に最適な料理です。
ただ熱に弱いため、加熱のしすぎに注意しましょう。

Sponsored Links

 

関連ページ

αカロテンとは
αカロテンはにんじんなどに含まれるカロテノイドの一種で、βカロテンの10倍もの高い抗酸化作用があります。
αリノレン酸とは
αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換する効果を持つ脂肪酸。
γリノレン酸とは
γリノレン酸は、体内でリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名ビタミンFのこと。
アクネ菌とは
アクネ菌は、皮膚に常に存在し、皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となる菌。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは、高い抗酸化力があるカロチノイドの一種。
アポクリン腺とは
アポクリン腺とは、汗を分泌する汗腺のひとつで、わきがの原因となる汗を出す腺。
アラキドン酸とは
アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸のひとつ。
アリシンとは
別名で硫化アリルとも呼ばれ、たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭や辛味成分。
アルギニンとは
アルギニンは天然に存在する必須アミノ酸のひとつ。
アルギン酸とは
アルギン酸は、海藻多糖類の一種で昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれるぬめり成分のこと。
アントシアニンとは
アントシアニンは、水溶性の抗酸化ポリフェノールの一種で目の健康に重要な物質。
亜鉛とは
亜鉛は、体の組成に欠かせない重要な必須ミネラル分。
EPAとは
人間の体に必要不可欠な「必須脂肪酸」のひとつ。
イオウとは
イオウは、髪の毛や爪、皮膚、軟骨などの組織構成の上で欠かせないミネラル分のひとつ。
イソフラボンとは
イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
イソマルトオリゴ糖とは
イソマルトオリゴ糖は、みそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖の一種。
イソロイシンとは
必須アミノ酸の一つで体の成長促進や神経の働きに関わっています。