アルギン酸とは

 
Sponsored Links

アルギン酸とは | シミ関連用語

アルギン酸は、海藻多糖類の一種。
昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれているヌルヌルしたぬめり成分のこと。
他にヒジキ、モズクなどにも含まれる。

 

 

アルギン酸の含有量は、乾燥した海藻の30%〜60%を占める。
昆布やワカメなどの主成分で天然の食物繊維と言われる。
アルギン酸は、海中に含まれるさまざまなミネラルを形成し、ゆるやかなゼリー状態。

 

波に揉まれ海水中を揺らぎながら漂う海藻のしなやかさは、
このアルギン酸が持つ独特な物性によるものと言われている。

 

 

アルギン酸の効能・安全性

アルギン酸の効能として、デトックス、血糖値上昇の抑制、血中コレステロールの低下作用、ダイエット効果、動脈硬化の予防、胆石の予防、高脂血症の予防、高血圧予防、がん予防、便秘予防、肝機能の向上などがあると言われている。
アルギン酸に含まれるカリウムの働きで体内の塩分を吸着して血圧を下げるなども。

 

アルギン酸の安全性はFAO/WHOで評価され、最も安全な物質のひとつ。
医薬品では、錠剤の崩壊剤や胃壁の保護剤として用いられ、化粧品原料として増粘、保水作用などの目的に利用されている。

Sponsored Links

 

関連ページ

αカロテンとは
αカロテンはにんじんなどに含まれるカロテノイドの一種で、βカロテンの10倍もの高い抗酸化作用があります。
αリノレン酸とは
αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換する効果を持つ脂肪酸。
γリノレン酸とは
γリノレン酸は、体内でリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名ビタミンFのこと。
アクネ菌とは
アクネ菌は、皮膚に常に存在し、皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となる菌。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは、高い抗酸化力があるカロチノイドの一種。
アスパラギン酸とは
アスパラギン酸は、エネルギー源として最も利用され易い体内で合成できる非必須アミノ酸のひとつ。
アポクリン腺とは
アポクリン腺とは、汗を分泌する汗腺のひとつで、わきがの原因となる汗を出す腺。
アラキドン酸とは
アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸のひとつ。
アリシンとは
別名で硫化アリルとも呼ばれ、たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭や辛味成分。
アルギニンとは
アルギニンは天然に存在する必須アミノ酸のひとつ。
アントシアニンとは
アントシアニンは、水溶性の抗酸化ポリフェノールの一種で目の健康に重要な物質。
亜鉛とは
亜鉛は、体の組成に欠かせない重要な必須ミネラル分。
EPAとは
人間の体に必要不可欠な「必須脂肪酸」のひとつ。
イオウとは
イオウは、髪の毛や爪、皮膚、軟骨などの組織構成の上で欠かせないミネラル分のひとつ。
イソフラボンとは
イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
イソマルトオリゴ糖とは
イソマルトオリゴ糖は、みそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖の一種。
イソロイシンとは
必須アミノ酸の一つで体の成長促進や神経の働きに関わっています。