イソフラボンとは

 
Sponsored Links

イソフラボンとは | シミ関連用語

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする注目の成分。

 

エストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを防止します。
特に女性の場合閉経後はエストロゲンの量が著しく減少することから骨粗鬆症のリスクが高まります。
そこでエストロゲンと似たイソフラボンを摂取することで回避できます。
また、イライラ、のぼせ、肩こり、冷えといった更年期に見られる障害の改善が期待できます。

 

 

イソフラボンの効果、効能

更年期障害の改善
のぼせ、ほてり、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、
肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの減少が引き金となります。
女性ホルモン作用をもつイソフラボンは有効。

 

 

骨そしょう症予防

カルシウムを摂取しても女性ホルモンの分泌が少ないと骨のカルシウムは
どんどん溶け出していってしまいます。
イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ちます。
特に閉経後の女性は、エストロゲンの不足により骨そしょう症を引き起こしやすくなります。

 

ガン予防

イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うとともに
女性ホルモンの分泌過剰に対しては抑える方向に働きます。
女性ホルモン過剰が引き起こす乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。
同様にホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても
イソフラボンは効果的に働くと考えられています。

 

動脈硬化予防

血液中の悪玉コレステロールの増加は動脈硬化を引き起こす原因になります。
一方、善玉コレステロールは悪玉を減らす作用があります。
イソフラボンは悪玉を減らす効果に加え、善玉を増やす作用があります。

 

美容効果

イソフラボンは女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の作用があるので
美白効果、保湿性の向上などの肌の美容効果も確認されています。
他にバストアップや生理不順の改善などの作用もあります。

 

 

イソフラボンを含む食品

大豆や大豆製品などに多く含まれています。
例えば納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、大豆煮、きな粉、みそなど。
サプリメントから摂取するのもよいでしょう。

 

 

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの摂取量は一日に40mg〜50mgが理想。
豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)です。
多めに摂取しても体外に排出されます。

Sponsored Links

 

関連ページ

αカロテンとは
αカロテンはにんじんなどに含まれるカロテノイドの一種で、βカロテンの10倍もの高い抗酸化作用があります。
αリノレン酸とは
αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換する効果を持つ脂肪酸。
γリノレン酸とは
γリノレン酸は、体内でリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名ビタミンFのこと。
アクネ菌とは
アクネ菌は、皮膚に常に存在し、皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となる菌。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは、高い抗酸化力があるカロチノイドの一種。
アスパラギン酸とは
アスパラギン酸は、エネルギー源として最も利用され易い体内で合成できる非必須アミノ酸のひとつ。
アポクリン腺とは
アポクリン腺とは、汗を分泌する汗腺のひとつで、わきがの原因となる汗を出す腺。
アラキドン酸とは
アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸のひとつ。
アリシンとは
別名で硫化アリルとも呼ばれ、たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭や辛味成分。
アルギニンとは
アルギニンは天然に存在する必須アミノ酸のひとつ。
アルギン酸とは
アルギン酸は、海藻多糖類の一種で昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれるぬめり成分のこと。
アントシアニンとは
アントシアニンは、水溶性の抗酸化ポリフェノールの一種で目の健康に重要な物質。
亜鉛とは
亜鉛は、体の組成に欠かせない重要な必須ミネラル分。
EPAとは
人間の体に必要不可欠な「必須脂肪酸」のひとつ。
イオウとは
イオウは、髪の毛や爪、皮膚、軟骨などの組織構成の上で欠かせないミネラル分のひとつ。
イソマルトオリゴ糖とは
イソマルトオリゴ糖は、みそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖の一種。
イソロイシンとは
必須アミノ酸の一つで体の成長促進や神経の働きに関わっています。