イソロイシンとは

 
Sponsored Links

イソロイシンとは | シミ関連用語

イソロイシンは、必須アミノ酸のひとつで体の成長を促進したり、神経の働きを良くしたりします。

 

ロイシン、バリンという必須アミノ酸とともに分岐鎖とと呼ばれる構造の「分岐鎖アミノ酸類(BCAA)」の一つです。

 

BCAAはアミノ酸の分子の中で「側鎖」という部分がほぼ同じ形をしています。
BCAAは筋肉の主要な成分で筋肉内で分解・代謝されるのが特徴です。
筋肉に与えるBCAAの役割は大きく、運動中に分解する量もかなりあると考えられています。

 

 

イソロイシンを多く含む食品として、子牛の肉や鶏肉、鮭、プロセスチーズ、牛乳などがあります。
多くの食品に含まれているので通常不足することはありません。
過剰摂取すると他のアミノ酸とのバランスを崩し、免疫力が低下を招きます。

 

イソロイシンの摂取量の目安は、1日当たり体重1kgに対して20mg。
体重が60kgであれば1200mgの摂取が目安となります。
また、他のBCAA(バリン・ロイシン)とバランス良く摂取することでイソロイシンを効率良く体内に吸収することが出来ます。

 

 

イソロイシンの主な効果

甲状腺ホルモンの分泌を促すことで成長促進し、神経機能を補助するほか、肝臓の機能強化、血管拡張作用、筋肉強化、疲労回復など幅広い作用があります。

 

・成長を促進する(成長を促す甲状腺ホルモンを分泌)
・疲労回復を促す(グリコーゲンを体内で糖に変換)
・美肌、美髪効果がある(肌や髪の毛の材料)
・肝機能を高める(肝臓のたんぱく質の合成促進)
・糖尿病を予防する(血糖値の上昇抑制)
・集中力を高める(神経伝達物質になる)

 

 

 

Sponsored Links

 

関連ページ

αカロテンとは
αカロテンはにんじんなどに含まれるカロテノイドの一種で、βカロテンの10倍もの高い抗酸化作用があります。
αリノレン酸とは
αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換する効果を持つ脂肪酸。
γリノレン酸とは
γリノレン酸は、体内でリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名ビタミンFのこと。
アクネ菌とは
アクネ菌は、皮膚に常に存在し、皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となる菌。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは、高い抗酸化力があるカロチノイドの一種。
アスパラギン酸とは
アスパラギン酸は、エネルギー源として最も利用され易い体内で合成できる非必須アミノ酸のひとつ。
アポクリン腺とは
アポクリン腺とは、汗を分泌する汗腺のひとつで、わきがの原因となる汗を出す腺。
アラキドン酸とは
アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸のひとつ。
アリシンとは
別名で硫化アリルとも呼ばれ、たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭や辛味成分。
アルギニンとは
アルギニンは天然に存在する必須アミノ酸のひとつ。
アルギン酸とは
アルギン酸は、海藻多糖類の一種で昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれるぬめり成分のこと。
アントシアニンとは
アントシアニンは、水溶性の抗酸化ポリフェノールの一種で目の健康に重要な物質。
亜鉛とは
亜鉛は、体の組成に欠かせない重要な必須ミネラル分。
EPAとは
人間の体に必要不可欠な「必須脂肪酸」のひとつ。
イオウとは
イオウは、髪の毛や爪、皮膚、軟骨などの組織構成の上で欠かせないミネラル分のひとつ。
イソフラボンとは
イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
イソマルトオリゴ糖とは
イソマルトオリゴ糖は、みそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖の一種。